ヨガはじめませんか?

ヨガは正しい姿勢と正しい呼吸法で行うので、気持ちも安定し、姿勢も良くなり、体内の血流やリンパの流れなど循環をよくするので、健康な身体になると共に、肩こりにも効き目があります。

肩こりに効くポーズを幾つか紹介

まず、基本として、息は鼻から吸って鼻から出します。なるべく腹式呼吸を心掛け、ポーズをするのにキツクても、息を止めないように気を付けましょう。
また、ヨガは身体が気持ち良いと感じることが大切ですので、勢いをつけて曲げようとしたり、痛いと感じるほどするのは厳禁です。

気持ちが良い所でとめても、毎日行っていくうちにいつの間にか身体が柔らかくなって、肩こりもなりにくい身体になっているでしょう。

1.蛇のポーズ
仰向けに寝て、両手を胸の横に付けてグーに握ります。そのまま肘で背中を上げていきます。頭頂部が床に着くように頭も反らします。
これを5呼吸分位続けます。
終わった後は、身体をほぐすような気持ちで深呼吸をします。

2.猫のポーズ
四つん這いになり、息を鼻から吸いながら頭を上げ、おへそが下へ引っ張られるような感じでお腹を下げます。両手両足も下へと力を加えます。
次に、息を吐きながらぐーっと背中を丸めて肩甲骨を大きく開きます。
ポーズや動作の1つが終わる度に、ゆっくり呼吸をして余韻を楽しみます。

3.腕を回す
腕を肩甲骨から回していきます。肩も回っている感覚を掴んで下さい。ゆっくり回し、息を止めないで。

4.首をゆっくり回す
まず胡坐をかき、首を前に倒します。そのまま3~5呼吸分待ちます。次は後ろへ倒します。首が痛かったら、痛くない所までで結構です。首を自分の頭の重さで自然に倒すような感じで。
次に右、それから左へと頭を傾けます。

それから、ゆっくりと首を回します。首が後ろに行っている時は、口を開けます。締めたままだと首の前の部分が突っ張って苦しいので、必ず口を開け首が後ろへ充分倒れるようにして下さい。
反対周りもして下さい。

このように、肩や首回りの血流をよくすると肩こりは解消されます。また、普段から姿勢をよくし、なるべく腹式呼吸をしていると、気持ちがリラックスしてストレスも溜まりにくくなり、肩こりもしにくくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket