スポーツマンは肩がこらない?

一般的にスポーツ選手は肩こりが少ないと言われています。それは、あくまでも一般的な意見で、中には肩こりで悩まされている人もいます。
多くのスポーツ選手の場合、体に筋肉が付いています。それは、一般の人とは比べ物にならないほどの筋肉量。その筋肉によって肩こりを防ぐことができていると考えられます。
その他、重要な事は、スポーツ選手が行っている筋肉のメンテにあります。
たとえ、常日頃から鍛えられたスポーツ選手でも練習の後など、そのままの状態で過ごしていると肩こりはもちろんの事、その他の筋肉疲労になってしまいます。その為、スポーツ選手は練習の後は、必ず自分の体のメンテを行います。このメンテの内容が、一般の人にとっても肩こりにならない為のヒントがたくさん隠されているようです。
肩こりの原因でもある姿勢の悪さや肩を動かさない状態での肩こりの場合、スポーツ選手のようにストレッチを念入りに行う事で、かなり解消する事ができます。
スポーツ選手は筋肉をほぐすために念入りなストレッチを行います。それを行う事で、肩の筋肉もほぐれ、肩こりになりにくい状態にする事ができるのです。
また、最近、人気なのがまえけん体操。広島カープの前田選手が行っている体操で、これが、肩こりの解消に効果的だとネットで話題になっています。肩を激しく水泳のクロールのように回す事で、肩の筋肉がほぐれ肩こりの解消につながっているようです。
その他、最近、多くのスポーツ選手が磁気ネックレスを愛用しています。磁気ネックレスで血行が改善することは、科学的にも立証されている為、効果的な肩こり解消方法の一つという事が言えます。磁気の力によって血行が良くなり、肩こりが解消する仕組みになっているのです。
これらからもわかるように、決して、スポーツ選手が肩がこらないのではなく、多くのスポーツ選手が肩がこらないように日々ストレッチなどの努力をしているという事なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket