肩こりからくる頭痛とは

◆肩こりと頭痛が同時に起きるメカニズム

脳にはたくさんの血液が必要なため、首には動脈が通っています。
肩こりで肩周辺の筋肉の緊張が起こると、それらの動脈を圧迫して血流が悪くなり酸素や栄養分が不足して頭痛が起こる原因となります。

頭痛の種類は大きく分けて3種類の片頭痛・群発頭痛・緊張型頭痛があり肩こりから起こるのは緊張型頭痛と言われています。

緊張型頭痛(肩こり頭痛)の症状や特徴は

  • ○頭全体がギューッと締め付けられるような痛み。
  • ○突然始まり、頭を重く締め付けるような痛み
  • ○我慢できないほどではないが、にぶい痛み。
  • ○数時間~数日の頭痛が繰り返しにおこる時と、毎日続く時がある。
  • ○首や肩のコリや目の痛みを伴う。

などです。

緊張型頭痛の原因は、身体的・精神的なストレスが複雑に関係していると考えられています。

無理な姿勢の維持や長時間のパソコンの使用などによって頭から肩にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなると、
乳酸などの疲労物質が筋肉にたまり、これが神経を刺激して痛みを引き起こすと考えられています。

また、精神的なストレスのみが原因で頭痛を発症するケースもあります。
精神的に緊張した状態が長期間続くと、
脳の痛みを調整する部位が機能不全を起こし頭痛を引き起こしてしまうのです。

◆頭痛を改善する対策は

  • ○ぬるめのお湯にゆっくりつかって首や肩周辺を温める。
  • ○蒸しタオルで首や肩周辺を温める。
  • ○同じ姿勢を続けずに、適度に首を左右に倒したり、首を回したりする。
  • ○ストレス解消を心がける。
  • ○適度な運動を習慣に無理せず続けられる運動をできれば毎日行う。
  • ○よい姿勢を心がける。

などです。

肩こりの初期症状

◆首を後ろに倒して、少しでも辛いなと思ったら、肩こりはもう始まっています!
頭痛が始まる前に体のケアをしてあげましょう!

※下記の症状が出た場合は、クモ膜下出血、脳出血、髄膜炎、脳腫瘍などの
命に関わる病気の症状として発生している場合もありますので必ず病院に行き、医師の診断を受けましょう。

  • ○今まで経験したことのない、頭をバットや金棒で殴られたような激しい痛み
  • ○突然頭痛が起こり、徐々に痛みが強くなっていく
  • ○吐き気や嘔吐、手足がしびれる、力が入らない、ろれつが回らない、めまいがする
  • ○風邪のときとはちがい、頭痛はどんどん強くなり、体を動かしたり、頭を振ったりすると頭痛が強くなる
  • ○頭の全体あるいは、一部分が重く感じられたり、鈍痛が続き、それが徐々に悪化したり、手足の麻痺やけいれんを伴う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket