視力と肩こりの関係性と解決策

肩こりは筋肉の血行が悪くなり、そこに乳酸などの原因物質がたまることが原因です。
筋肉に疲労が蓄積が蓄積し、筋肉の血行が悪くなり肩こりを引き起こすのです。運動不足や同じ姿勢を取り続けたり、悪い姿勢を長くとっていることが原因です。
しかし、肩こりにはほかに意外な原因もあります。実は、視力の低下と肩こりには大きな関連があるのです。

視力低下と肩こりのメカニズム

なぜ、視力が低下すると肩こりになるのでしょうか。これは以下のようなメカニズムだと思われます。

たとえば長時間パソコンやスマホを使った時のことを考えてみましょう。
パソコンやスマホを使っているときは、あまり視線を動かしていないように感じても実際は画面のいろいろなところを見るために視線、つまり眼球が忙しなく動いているのです。これにより、眼球を動かす筋肉や目の神経が疲労します。

目の筋肉や神経が疲労すると、それが連鎖的に周りの筋肉や神経を緊張させ、疲労させていくのです。その結果、目の周りにある肩の筋肉の血行が悪くなり、肩こりが起こるのです。

逆のケースもあり得ます。ずっと同じ姿勢を取っていたり、無理な姿勢を取っていたりして肩や首、背中の筋肉に疲労や緊張がたまった場合、その疲労や緊張が目の筋肉や神経に連鎖して視力が低下することがあるのです。

このような場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

目の疲れからくるコリの対処法

まずは筋肉の緊張を和らげてやることです。
ストレッチをしたり筋肉をもみほぐすなどして肩やその付近の背中や首の筋肉の緊張を取ってやることで筋肉の血行が良くなり肩こりが解消されます。
また肩や首の筋肉の緊張が和らぐことで、目の筋肉の緊張も和らぎ、視力が改善されます。

目を閉じて暖かいタオルで目の周りの筋肉を温めることで筋肉の疲労をとることも有効です。パソコンやスマホなど近くを見続けていた場合は、ぼーっと遠くの景色を眺めることも有効です。

これらのことは肩こりを感じた時に行っても有効な方法です。しかし、最善なのは肩こりを感じる前にこれらを行い、筋肉に疲れをためないことです。そのためにも、意識して定期的にストレッチをしたり、目を休める習慣を身につけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket