肩こりをマッサージで解消する方法

肩こりを解消する方法としてマッサージをすることにより、筋肉の血流を改善させ、緊張をやわらげることができます。
静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を促進する効果もあります。

現在、マッサージは通常医療の場でも(リハビリテーション等々)、代替医療の場でも様々な健康増進目的で個々人が自分自身に行う形(セルフマッサージ)でも行われています。

肩こりのマッサージでは、より効果的にするためのポイントがいくつかあります。

肩こり解消法ポイント①

肩こりの際、効果的なマッサージとは腕や背中、そして肩の全体を施術することです。
押し方は、手のひらを使って全体的にマッサージしましょう。
指先などでギュッと押すと刺激が強すぎて逆効果になる場合があります。

その時、心臓から遠い部位から徐々に近くへ繰り返すのが肩こりマッサージのコツです。

肩こり解消法ポイント②

足ツボマッサージも、肩こりに効果的です。
足は第二の心臓と言われています。
足の裏を一人で手軽に行なえるマッサージ法にとしては、青竹踏みやマッサージ棒などがあります。 
お風呂でご自分で揉みほぐすこともできます。

肩こり解消法ポイント③

マッサージや整体、カイロプラクティックなどのプロにお任せするのも効果的です。
本人の体調や、肩こりの症状に合わせてマッサージしてもらえるのでリフレッシュ・リラックスできる上に効果が高いでしょう。

その際には、どういった姿勢が辛いのか・左右差はあるか・いつから辛いのかなどを伝えておくと、それに合わせて施術をしてもらえます

それでは、今回は自分で出来る首まわり肩まわりのセルフマッサージをご紹介します。

まずは準備段階として、首を左からぐる~り・右からぐる~りと交互にゆっくり3回ずつ回し、まわりの筋肉をほぐします。

◆首(後側)のマッサージ

  • ①首から首の付け根、頭蓋骨の下あたりを、指(人差し指、中指、薬指)で押します。
  • ②指で押したままの状態で、首をゆっくり前に倒します。5秒~10秒保持します。

①、②を何度か繰り返します。
3か所程度押して気持ちの良い場所を押します。

◆首(前側)のマッサージ

  • ①鎖骨の少し上を先程の3指で、優しく押さえます。
  • ②指で押さえたまま、首をゆっくり後ろに倒します。
  • ①、②を何度か繰り返します。

    ◆肩のマッサージ

    • ①肩のこっている部分を、先程の3指で押さえます。
    • ②指で押さえたまま、首をゆっくり押さえた方と反対側に倒します。

    プラスして、蒸しタオルで首の後ろを温めて、血行を促進させることでよりほぐすことができます。

    (蒸しタオルの作り方)

    水で湿らせたタオルを1分間ほど電子レンジで温め、後頭部や首肩などの痛む部分にやさしくあててあげてください。
    もし髪の毛が濡れたくない場合は、ビニール袋に入れて、乾いたタオルでくるみ、あててあげてください。

    ※熱すぎるものを直接肌に当てると、火傷することもあるのでご注意ください。
    ■肩こりはそのまま放っておくと、冷え症やむくみだけでなく、頭痛や眼精疲労にもつながります。
    是非、こまめな体のケアを心がけていきましょう。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket