肩こりに効くマッサージ

肩こりは、首から肩にかけての筋肉に重苦しさや痛みを感じる症状の事で、日常生活での姿勢や運動不足、ストレスなど様々な原因が考えられます。乳酸などの疲労物質が蓄積される事による症状であり、血液循環が悪化してしまいます。このために、栄養素や酸素を末端部分にまで届ける事が出来なくなるので、頭痛などの他の症状が併発するケースも少なくはありません。

全ての肩こりに対しての確定的な治療法はありませんが、症状を緩和するために広く用いられているのがマサージです。筋肉に刺激を与える事により、血行とリンパの流れを改善する効果があります。これにより、全身に酸素と栄養素をスムーズに届けられるようになり、蓄積されていた老廃物も体外へと排出されます。

マッサージは、症状を改善するためには有効ですが、根本的な原因を改善する事は出来ません。このために、疲労物質が蓄積されると再び肩こりになってしまいます。つまり、快適な状態を継続するためには、定期的に施術を受ける必要があるという事です。

これに対して整体は、根本的な原因の改善を目的として行う手技療法です。身体の歪みを整える事により、痛みや不調を改善できるという事を理念としています。広く知られているのが、身体の中心部にある骨盤の歪みを整える骨盤矯正です。身体全体で均等に負担を支える事が出来るようになるので、偏った部分に疲労物質が蓄積される事がなくなります。

整体は不調を解消すると共に、不調が起きにくい状態にする予防効果も期待できます。自然治癒力を引き出す事による改善であり、副作用に見舞われる危険はありません。肩こり以外にも様々な症状に対して用いられており、自律神経失調症やうつ病などの精神的な問題にも効果的です。

マッサージと整体は、どちらも手技療法ですが内容や目的は異なっています。マッサージが血液循環とリンパの流れを活性化する事を目的としているのに対して、整体は骨格や神経のバランスを整えるために施術が行われます。かなり大まかに言うと、早く楽になりたい時はマッサージが有効であり、時間をかけてでも解消したいと願っている人には整体が向いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket