肩こりに効くパット

磁力で患部を温める

肩こりを改善したいと思っている方が、一番手軽に利用出来る方法として、磁石のあるパットを貼る方法があります。
ピップエレキバンのようなものが身近だと思いますが、こうした物を利用することによって、血行の促進を図り、コリの改善を行うことができます。

磁石が患部を温めるような形で血行を促進するために、比較的長期間残りも改善しやすくなっています。

凝りの強弱で磁石を分ける

パットに付着している磁石は、身体に害が無い程度のものが採用されています。

かなり強めに設定されている物もあり、コリの状態に応じて使い分けます。
弱いコリであれば一番小さなものでも大丈夫ですが、強いコリに対して弱いものを利用しても効果がありません。強いコリには一番強いものを利用することで、磁石の効果が奥まで届くようになっているのです。そのためピップエレキバンでもそうですが、複数の種類が用意され、その中からコリの強さに応じて選ぶということになります。

強い凝りには複数のパットを広い範囲に貼るべし

磁石の付いたパットを貼る際には、実際に指で触ってコリが残っているかを確かめてください。コリが無い所に貼っても全く効果はありませんし、磁石の効果は下に向かって届くような形になるので、どうしても場所がずれると効果は薄れてしまいます。

出来る限り効果を得やすくするためには、凝っている部分に直接貼って、出来れば少し離した位置でもう1枚貼っておくといいです。凝っているライン全てに貼ることによって、症状を緩和することができます。

パット治療のメリット

手軽に利用できて、しかも高い効果を持っているパットもあります。
肩こりを感じた時、パットなら目立たないような形で治療ができますし、何よりも臭いが無いので周りに影響を与えにくいです。粘着力が強く、汗などを掻いても剥がれにくいという良さもあり、確実にその部分を温めてくれるようになります。
これを貼って暫く安静にしていると、徐々にコリがほぐれてくるようになりますので、貼ってからしばらく様子を見てください。改善がみられるなら治療を続けていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket